【災害支援】球磨焼酎リサイクリーンの復興資金

地域と球磨焼酎の蔵元による循環型社会への取り組みを守りたい

令和2年7月豪雨災害にて、被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

プロジェクトの概要

 

循環型社会の実現を目指す球磨焼酎リサイクリーンを再建したい。

 

球磨焼酎リサイクリーンは、「焼酎粕」を動物用飼料にリサイクルする施設です。

先般の水害で損壊し、球磨焼酎の製造に支障をきたしている蔵元があります。

復旧費用は約3億5千万円。行政の支援を除くと約1億1千万円の資金が必要です。

支援者の方へは、施設を利用している蔵元より厳選した球磨焼酎をお届けします。

水害からの復興および循環型社会への取り組みをご支援ください。

 

球磨焼酎リサイクリーンについて

 

球磨焼酎リサイクリーンは、地域と球磨焼酎の蔵元により、2004年に設立されました。

焼酎の製造過程で発生する「焼酎粕」を動物用飼料としてリサイクルする施設です。

「焼酎粕」は、産業廃棄物と位置づけられており、簡単に処分することはできません。

球磨焼酎を製造する14の蔵元が当施設を利用しており、地域に不可欠な施設です。

 

/data/ec/62/1.jpg

 

人吉・球磨地域と球磨焼酎生産者は、循環型社会の実現に取り組んでいます。

 

リサイクルの過程について

 

「焼酎粕」は、主に水分(95%)と固形物(5%)で構成されています。

 

リサイクル過程

(1)各蔵元から運ばれた焼酎粕は、施設の原料貯蔵タンク2基に貯蔵されます。

(2)固液分離設備と呼ばれる、ろ過する機械にかけ、液体と固形物に分離します。

(3)水分はさらに濃縮され、濃縮液は動物用飼料としてリサイクルされています。

 ※分離された固形物は、産業廃棄物として処理されます。

 

/data/ec/62/2.JPG

 

 

水害による被害について

 

「焼酎粕」を貯蔵する2基のタンクは無事だったものの、ポンプやモーター、電子制御システムなど、高圧の電気を使用する機械の電気関係は全て水に浸かってしまい、再投資が必要な状況です。

 

/data/ec/62/7.jpg

 

復旧経費は約3億5千万円。約2億4千万円は、なりわい補助金が充当可能な予定ですが、約1億1千万円については、新たな資金調達が必要です。

 

/data/ec/62/8.jpg

 

 

循環型社会に向けた、地域と球磨焼酎生産者の力を併せた取り組みを継続するためにも、本施設の早期復旧を目指しています。

 

 

支援者様へのお礼の品について

 

支援者様へは、お礼の品として、支援金額に応じた球磨焼酎(寄付金額の4割相当)を送付いたします。

 

商品は、本施設にて「焼酎粕」を処理している球磨焼酎の蔵元様からご推薦いただいた球磨焼酎29種類をご準備しました。

 

商品や組み合わせは、当社におまかせください。

 

商品の発送は、プロジェクトの終了後2021年3月頃を予定しております。

 

(29種類の商品は以下の表のとおりです)

 

/data/ec/62/蔵元リスト.jpg

 

<一部商品画像>

 

 常楽酒造

/data/ec/62/常楽.jpg

 

 高橋酒造     
/data/ec/62/高橋.JPG 

 

 豊永酒造  

/data/ec/62/豊永.JPG

 

 鳥飼酒造         抜群酒造

/data/ec/62/鳥飼.JPG/data/ec/62/樽抜群.JPG

 

 福田酒造

/data/ec/62/福田.jpg

 

 六調子酒造

/data/ec/62/商品.JPG

 

 

球磨焼酎について

 

「球磨焼酎」は、日本に4つしかない産地呼称が認められた本格焼酎のブランドです。

 

現在、人吉球磨地域に蔵をかまえる27の蔵元は、複数の個性ある銘柄を持ち、すべてをあわせると200以上のブランドを誇っています。

 

杜氏たちの手で丹精込めて作られた球磨焼酎は、 芳醇な香りと深いコクが楽しめるのが特徴で、多彩な味のバリエーションを作り上げています。

 

球磨焼酎酒造組合ホームページ

/data/ec/62/kuma.jpg

最後に支援者の皆様へ

 

球磨焼酎の蔵元は、皆様へ美味しい焼酎を造るために日々努力していますが、球磨焼酎リサイクリーンが被災したことにより焼酎粕の処理ができなくなり、製造が困難な状況となっております。

 

是非、球磨焼酎リサイクリーンの早期復興の為、皆様のご支援ご協力を何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

球磨焼酎リサイクリーン株式会社

 

/data/ec/62/リサイクリーン.jpg

2020年10月20日 12:00【西日本新聞】にて紹介されました

球磨焼酎リサイクリーンの再建支援プロジェクトが西日本新聞にて紹介されました。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/655201/

/data/blog/archive/original/27512.png

豪雨で浸水し、工場の電気設備などが被災。

操業が停止しているため焼酎かすの処理負担が大きくなり、一部の蔵元では生産調整が必要となっています。

球磨焼酎の歴史を守るためにも、一日でも早い復旧が望まれています。

皆さまのご支援をお待ちしております。

2020年10月19日 15:00プロジェクトスタート(10月19日)

本日より、令和2年7月豪雨で被災した球磨焼酎リサイクリーンの復興を支援するプロジェクトがスタート致しました。

 

/data/blog/archive/original/27512.png

 

球磨焼酎リサイクリーンは、「焼酎粕」を動物用飼料にリサイクルする施設です。

先般の水害で損壊し、球磨焼酎の製造に支障をきたしている蔵元があります。

復旧費用は約3億5千万円。行政の支援を除くと約1億1千万円の資金が必要です。

 

支援者の方へは、施設を利用している蔵元より厳選した球磨焼酎をお届けします。

水害からの復興および循環型社会への取り組みをご支援ください。

https://www.glocal-cf.com/project/recyclean

集まっている金額
497,000円
現在
5 %
目標金額10,000,000円
残り日数87日
参加人数54人
オーナー球磨焼酎リサイクリーン株式会社