プロジェクトニュース 応援メッセージ

応援メッセージ2022年1月17日 15:00

応援メッセージ【熊本大学熊本創生推進機構准教授 田中尚人 様】

熊本大学熊本創生推進機構 准教授 田中尚人様より応援メッセージが届きました!

/data/blog/archive/original/27919.jpg

阿蘇カルデラの恵みの水と南阿蘇産のホップから生まれるクラフトビール、美味しいに決まってる!そう思って応援することに決めました。

水は命の源です。

熊本地震によって傷ついた南阿蘇の風景も、
循環する水、火山が生み出した土、
そしてしっかりと大地に根を張った森によって、
少しずつ再生していきます。

そこに集う様々な人々、
誰もが幸せになれる、
誰もが笑顔になれる、
そんな場所が阿蘇にたくさん生まれることを願っています。
 
熊本大学熊本創生推進機構
准教授 田中尚人


 

この記事のURL/シェア

応援メッセージ2021年12月13日 17:00

応援メッセージ【南阿蘇村 村長 吉良 清一様】

南阿蘇村 村長 吉良 清一 様

/data/blog/archive/original/27905.jpg

今年9月に発売された南阿蘇クラフトビール「阿蘇ブロンドエール」はとても好評と聞いています。

今回原料で使用された水やお米、大麦に加えてホップなど全ての原料を使った南阿蘇産のビールが近いうちにできると思うと楽しみです。

この取り組みをきっかけにホップの栽培が広がることで、耕作放棄地の解消にもつながることを期待しています。

私も応援しています。
南阿蘇村 村長 吉良 清一

この記事のURL/シェア

応援メッセージ2021年12月13日 16:00

応援メッセージ【株式会社南阿蘇ケアサービス 様】

株式会社 南阿蘇ケアサービス 代表取締役 荒牧律子 様

 
/data/blog/archive/original/27902.jpg


南阿蘇村でこれまで20年あまり、高齢者施設を運営してきました。

熊本地震をきっかけに、地域に求められている取り組みを行いたいと強く感じるようになり、2019年秋に南阿蘇村唯一の障がい者福祉事業所「LABみなみ阿蘇」が立ち上がりました。

私たちは、直営の「いっこ農園」で農薬不使用の野菜や、国産100%の餌の卵、柚子をつかった加工品づくりを行っています。

そして今年2021年より挑戦を始めたことは、地域の方々と取り組む「南阿蘇ビール」の原料づくりです。

お客様に美味しいビールを飲んでいただきたい、そして、何より南阿蘇村を盛り上げる特産品を作り、メンバーさんが誇りを感じることができるお仕事を目指しています。

今回南阿蘇ビールの誕生をきっかけに、南阿蘇村が一体となって夢を描くことができる本当に素晴らしい可能性を秘めた取り組みが始まりました。

正直、ここまで地元をひっくるめた取り組みになるとは想像さえできませんでした。

今回、南阿蘇産ホップをより着実に収穫するためのホップ棚設置工事にぜひご支援いただければ幸いです。

皆様のご期待に添えられる美味しいビール、感動を呼び起こすビールを作っていきます。

まだまだ小さな一歩ですが、きっと大きな風を巻き起こしたいと思っています。応援よろしくお願いいたします。


▶プロジェクト概要へ戻る

この記事のURL/シェア

応援メッセージ2021年12月13日 15:00

応援メッセージ【みなみ阿蘇ビール株式会社 様】

みなみ阿蘇ビール株式会社 代表取締役 梶川悟史 様

 
/data/blog/archive/original/27904.jpg

「水の生まれる郷」熊本県南阿蘇村。「硬水」と「軟水」、2種類の高品質な水が同一村域で湧き出ているのは全国でも稀だそうです。

内田氏の南阿蘇村への想い、ホップ栽培に対しての情熱、そしてこの地域の水が持つ特殊性に惹かれ、「ここなら美味しいビールが造れる・・・」

そんな想いで令和3年6月にこの地にクラフトビール会社を立ち上げました。

南阿蘇村にかつて存在したクラフトビールの醸造所。

5年前の熊本震災がきっかけで阿蘇の地からはクラフトビールの火が消えてしまいました。

阿蘇大橋の開通、南阿蘇鉄道の復旧など震災復興の波に乗って、阿蘇のビールを復活させるべく、このプロジェクトがいよいよ始まります。

まずは「ビールの魂」ともいわれるホップの栽培からスタート。

生産者が少なく集団化されていない九州でのホップ栽培は、専用棚の制作や管理費用のハードルが高く、なかなか事業化の難しい分野です。

是非、皆様のご助力を頂ければ有難いです。

“水の生まれる郷から最高のビールを”皆様にお届けします。
 
みなみ阿蘇ビール株式会社
代表取締役 梶川悟史
 

この記事のURL/シェア

応援メッセージ2021年12月13日 14:00

応援メッセージ【有限会社阿蘇健康農園 様】

有限会社阿蘇健康農園 代表取締役 原田 大介様より応援メッセージが届きました!

/data/blog/archive/original/27867.jpg

熊本地震の影響により私たちの農園は甚大な被害を受けました。

栽培施設は復旧し、交通インフラも整いましたが、周りの環境が大きく変わったので、以前のようなインバウンドや個人旅行者、観光バスが行き交う情景は見当たらず、道のりはまだ半ばです。

南阿蘇は観光と農業の村です。

阿蘇山麓の恩恵を受け、ミネラル豊富な水資源に恵まれ、寒暖の差があるため、美味しい野菜ができます。

しかしながら、特産品としてトマトやイチゴなど原料はありますが、観光地のため県外のお客様が生鮮品を持ち帰ることは少なく、賞味期限の長い加工品などに商品化できてないものも多々あります。

今回、「みなみ阿蘇ビール」が誕生したことで、ビールがツールとなり、地元の地域資源の原料をふんだんに使用した商品が今後開発され、クラフトビールが好きな方を笑顔にしていくことを期待しています。

南阿蘇の生産者の思いが詰まったビールを手に取っていただいた方々がいつか南阿蘇を訪れ、南阿蘇の魅力を丸ごと味わってほしいものです。
 
有限会社阿蘇健康農園 代表取締役
原田 大介

 

この記事のURL/シェア

応援メッセージ2021年12月13日 13:00

応援メッセージ【ベリー樹ベリー農園 様】

ベリー樹ベリー農園 野田 政輝様より応援メッセージが届きました!

 
/data/blog/archive/original/27865.jpg

五年前の熊本地震では、イチゴ栽培の農場と自宅の全壊の被害に遭い、地震後は多くの復興ボランティアの皆様の力を借りながら、新たな農場でようやくまたイチゴづくりをスタートすることができました。

ときには自然の持つ厳しさに向き合いながらも、雄大な風景とともに自然の恵みを享受できる南阿蘇は、ほんとうに魅力あふれる土地です。

地震の前に営業マンとして私の農園を訪ねてきた内田さんでしたが、地震後に移転したイチゴ農園を訪ねてきてくれました。

心配して以前の農場にも訪ねてくれたそうで、南阿蘇に移り住んでホップの試験栽培を始める話を聞き、驚いたのを覚えています。

当時、法面を活かしたホップの試験栽培に協力したこともあり、今回、農福連携でホップの本格的栽培を始められることに引き続き心より応援したいと思っています。

ゆくゆくは当農園のイチゴとブルーベリーを使ったビールが誕生することを夢見て。
 
ベリー樹ベリー農園
野田 政輝
 

この記事のURL/シェア

応援メッセージ2021年12月13日 12:00

応援メッセージ【笠野ファーム様】

笠野ファーム 笠野 眞喜様より応援メッセージが届きました!

 
/data/blog/archive/original/27862.jpg

南阿蘇で有機栽培の米を中心に各種野菜、はっか・菊芋・オリーブ・えごま・レモングラスをなど生産しています。

また地域の農家でつくった喜多いきいきクラブで、無農薬無肥料栽培の山田錦を生産、吟醸純米酒「山」をはじめ地元産の焼酎の商品化も手掛けてきました。

これまで新規就農者の育成・指導を行ってきたことから、三年前に南阿蘇で初めてホップ試験栽培に取り組んでいた内田君と出会い、農業資材の協力をするなど、これまでずっと見守ってきました。

今回、彼の信念が実を結び、本格栽培に向けたホップ棚の設営と農福連携でホップ栽培が始まるとのことで、引き続き応援していくとともに、これからの南阿蘇の農産物を原料に使ったビールづくりに期待しています。
 
南阿蘇村村議会議員
笠野ファーム 笠野 眞喜
 

この記事のURL/シェア

応援メッセージ2021年12月13日 11:00

応援メッセージ【後藤コーヒーファーム様】

後藤コーヒーファーム 代表 後藤至成様より応援メッセージが届きました!

 
/data/blog/archive/original/27863.jpg

私は南阿蘇村でコーヒーを栽培しております。

高校生と取り組み始めて10年目を迎えます。

阿蘇の壮大な環境エネルギーと、素晴らしい湧水を生かした美味しいコーヒーを育てたいと思いスタートしました。

熊本地震で自宅は全壊し、コーヒーも壊滅状態でしたが、奇跡的にコーヒーは復活し、美しい見事な花を咲かせました。

私もコーヒーに背中を押されて思いで自宅を再建しました。

しかし、南阿蘇村の観光施設の損害は大きく復興にも長い年月を要します。

それでも皆さん新しい南阿蘇村の復興に一歩一歩前進しています。

私もコーヒーオーナー制を導入し、新たな人たちに南阿蘇の魅力を伝える取り組みを展開しています。

今回南阿蘇ビールの誕生を機に、南阿蘇の魅力ある人々と特産品をクラフトビールを通して表現できればと期待しています。

今回はそのスタートとして南阿蘇産ホップを栽培する取り組みを展開されます。

南阿蘇村の魅力が濃縮されたクラフトビールの取り組みに是非応援、協力していただきたいと思います。



▶プロジェクト概要へ戻る
 

この記事のURL/シェア

tocニュースカテゴリ
archiveアーカイブス
集まっている金額
460,000円
現在
46 %
目標金額1,000,000円
残り日数40日
参加人数59人
オーナー一般社団法人GIAHSライフ阿蘇