「みんなで守る水」プロジェクト

阿蘇で地下水をつくる森を育てましょう

集まっている金額
2,143,000円
現在
22 %
目標金額10,000,000円
募集期間2023年12月8日
~2024年3月31日
参加人数99人
オーナー肥後の水とみどりの愛護基金
/data/ec/483/images.png
/data/ec/483/愛護基金_GIF2.gif

本プロジェクトは、税法上の優遇措置が適用されます。
webでのお手続き以外に申込用紙でのご支援も可能です。
 

「みんなで守る水」プロジェクト

メッセージ
熊本県では、守り続けてきた豊かな水資源である自然資本を背景に経済資本の発展が進んでいます。
 
「肥後の水とみどりの愛護基金」は、2006年より熊本の地下水の源流の一部である阿蘇北外輪山において、水源涵養林の保全育成を行ってきました。
 
/data/ec/483/20060408 阿蘇大観の森 看板.jpg
 
今回、地下水の大切さを多くの皆様に伝え、将来に渡る水資源の保全活動が、一人でも多くの方と一緒に取り組める活動になることを目指し、クラウドファンディングに挑戦致します。
 
阿蘇の森林を追加購入し、適切な間伐と植樹・下草刈りを行い、「地下水涵養に適した広葉樹の森」を育て、涵養林の形成を目指します。

「みんなで守る水」プロジェクトへのご支援をよろしくお願いします。
 
/data/ec/483/画像3.png
 

お礼の品について

税法上の優遇措置が適用されます
優遇措置に加え、ご支援金額に応じてプロジェクト限定の間伐材を活用したコースターや阿蘇水掛けの棚田で収穫したお米をお届けします。

また、実際に現地で行う森づくり体験(植樹)や米づくり体験(田植え・稲刈り)をご案内させていただきます。(体験の詳細はコチラ

お礼の品一覧はコチラをご覧ください。

/data/ec/483/画像5.png
 

資金の使い道

森林の購入費用などに使用させていただきます
ご支援いただいた資金は、森林の購入、間伐費用、植樹苗木費用等に使用させていただきます。

購入する森林の面積は、約3万㎡。

植樹には、涵養効果の高い広葉樹(ブナ、ナラ、モミジ、さくら他)を予定しています。

/data/ec/483/1画像.png
 
<森林購入場所>
阿蘇市小倉字雨降谷1262番、字拝ヶ迫1283番3 約3万㎡

<費用概算>
購入予定価格:約  3百万円
間伐費用  :約  4百万円
植樹苗木代 :約  2百万円
CF手数料等  :約  1百万円
合 計   :約10百万円
 

熊本の地下水を知る

「水はみんなの命」
自然がもたらした大地の恵み
阿蘇の4回の大爆発により、地下水の溜まりやすい大地が形成されました。

その後、白川が形成された時の蛇行や浸食で、火砕流堆積層が削られ、そこに黒ボクと呼ばれる火山灰土が降り積もりました。

この土は、水持ちもよく浸透性の高い特徴があり、深い層まで一気に水がしみこむ地域となりました。(白川中流域)
加藤清正による白川の治水工事
瀬田に堰を作り、上井手、下井手と呼ばれる用水路を整備し、荒地を田畑にし、白川中流域における涵養地が形成されました。
降水量が多い
熊本市の地下水の源流の一部でもある阿蘇の平均降水量が全国平均の2倍にもなることも要因の一つです。
 

なぜ、地下水の涵養が必要なのか

大量消費と供給不足を懸念しています
特に、開発の進む大津地域(白川中流域)は、地下水涵養のために重要な地域ですが、大規模な工場建設、宅地開発、道路拡張などにより、地下水の涵養域が減少しています。

/data/ec/483/gw-03-v2.png

このため、熊本地下水の源流の一部でもある「阿蘇地域」の涵養域を守り続け、さらに広げていく必要があるため、阿蘇地域における涵養林の拡大に取り組んでいます。
 

今後の展望

愛護基金が描く未来
「肥後の水と緑の愛護基金」では、くまもとの地下水を育むために、「涵養林育成」のほか、耕作放棄地だった阿蘇北外輪山の麓にある棚田を25年ぶりに再生し「地下水湛水事業」も行っています。

今後は、広葉樹林同様に涵養効果に優れている「阿蘇の草原」(日本最大2万2千㌶)の保全活動や水循環に大切な役割のある「うみ」にもフィールドを広げ、さかなの産卵場所や二酸化炭素吸収にも役立つ「あまも場」の育成などにも取り組んでまいります。

私たち財団は、これからも皆様と共に「くまもとの豊かな水とみどりを守る活動」を持続可能な取り組みとしていけるよう進化し続けたいと考えています。
 
これからも変わらぬご協力をよろしくお願い申し上げます。

/data/ec/483/koba.jpg
 

公益財団法人肥後の水とみどりの愛護基金について

/data/ec/483/images.png

1992年に「かけがえのない水資源を子孫に残す」の理念のもとに設立された公益財団法人です。

持続可能な熊本地域の地下水涵養の取り組みとして、主に森林の保全・育成や水田涵水事業に取り組んでいます。

具体的には、「阿蘇大観の森」(阿蘇外輪山約59ha)や阿蘇水掛の棚田(阿蘇市山田地区 棚田68枚 面積1.85ha)の運営および管理を行い、棚田においては、年間46万㎥(稲作期間174日間において)の地下水を涵養しております。

https://mizutomidori.jp/index.html
 
/data/ec/483/2.png

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※目標金額を超過した場合には、水源涵養林の保全育成のため、大切に、有効に、活用させて頂きたく存じます。
2024年1月23日 00:00ご支援者様一覧

「みんなで守る水」プロジェクト」へご支援を賜り、誠にありがとうございます。
 
ご支援者様のお名前一覧
(50音順)

阿部 亮様、荒木 英幸様、池田 誠様、石川 貞治様、今吉 賢一様、岩立 康也様、上村 司人様、岡田 和様、岡村 英祐様、奥村 隆雄様、小布施 敦士様、甲斐 信一様、加倉井 秀帆様、株式会社高木測量設計様、萱嶋 茂彰様、北 昭彦様、木谷 聖明様、木下 琴音様、木村 幸一様、桐原 健寿様、栗林 利一様、小島 徹様、後藤 彰紀様、齊藤 翠様、佐伯 陽子様、坂田 二郎様、阪田 秀規様、坂本 裕真様、佐々木 宏様、猿渡 倫一様、柴田 由紀様、清水 秀泰様、白岩 宏章様、新宅 祥平様、砂田 良様、高木 ひとみ様、高本 芳郎様、竹野 恵介様、竹矢 賢一様、田島 功様、田代 英実様、田中 貴章様、田中 靖昌様、田邉 元様、田上 智様、千田 真寿様、津村 伸行様、富山 由美様、長畑 正子様、中原 武久様、西 章文様、西 浩様、西本 憲史様、仁田水 唯央様、野島 洋治様、林田 孝司様、肥銀キャピタル株式会社様、平道 士朗様、廣森 里美様、布田 周作様、船島 知香様、古庄 伸一様、本田 直子様、前田 秀樹様、益田 穣様、松岡 裕子様、松田 久美子様、松永 保菜美様、右田 啓介様、三嶋 寛様、宮川 直美様、宮本 和明様、宮本 洋子様、村上経営研究所様、村田 大二郎様、森 裕樹様、山野 イーミン恵様、山本 大助様、吉嵜 憲治様、淀川 潤一様、渡邉 道明様
 

2024年1月22日時点

 

2023年12月8日 00:0012月8日より募集を開始しました!

熊本県では、守り続けてきた豊かな水資源である自然資本を背景に経済資本の発展が進んでいます。
 
「肥後の水とみどりの愛護基金」は、2006年より熊本の地下水の源流の一部である阿蘇北外輪山において、水源涵養林の保全育成を行ってきました。
 
/data/ec/483/20060408 阿蘇大観の森 看板.jpg
 
今回、地下水の大切さを多くの皆様に伝え、将来に渡る水資源の保全活動が、一人でも多くの方と一緒に取り組める活動になることを目指し、クラウドファンディングに挑戦致します。
 
阿蘇の森林を追加購入し、適切な間伐と植樹・下草刈りを行い、「地下水涵養に適した広葉樹の森」を育て、涵養林の形成を目指します。

「みんなで守る水」プロジェクトへのご支援をよろしくお願いします。
 
/data/ec/483/画像3.png

2023年12月1日 00:00森・米づくり体験について

各体験へのご招待に係る概要は、以下の通りです。

●概要
森づくり体験(植樹)
・阿蘇大観の森に広葉樹の苗木を植えていただきます。
 
米づくり体験(田植え)
・阿蘇水掛けの棚田に稲苗を植えていただきます。
 
米づくり体験(稲刈り)
・成長した稲穂を収穫していただきます。

●各体験の開催予定時期
森づくり体験(植樹)
・2024年4月頃(平日開催)

米づくり体験(田植え)
・2024年5月頃(平日開催)

米づくり体験(稲刈り)
・2024年10月頃(平日開催)

※森づくり体験は、「1組4名様」「限定10組」を先着順にご案内させていただきます。

※米づくり体験は、「1組4名様」「限定5組」を先着順にご案内させていただきます。

●ご確認頂きたい事項
・各体験は、実働1時間~2時間を予定しており、午前中に終了いたします。

・当日は、現地集合、現地解散となります。自家用車でお越しいただける方に限ります。

その他、ご不明な点やご相談などは、コチラよりお問い合わせください。

/data/blog/archive/original/28518.png

2023年12月1日 00:00税法上の優遇措置について

寄付金控除の適用について

当基金からお届けする「証明書」を税務申告書に添付し、該当する金額を所得から控除して申告してください。

寄付金の種類は、「公益社団法人又は公益財団法人等に対する寄附金」です。

証明書送付時期は、以下の通りです。

・2023年12月31日までのご支援者様
→ 2024年1月上旬

・2024年1月1日以降のご支援様
→ 2024年6月頃
 

個人の寄付金控除

個人からの寄付金については、(寄付金額(※)−2千円)の額が所得控除されます。

所得税法第78条の寄付金控除を受けようとする場合、所得税の確定申告書の提出が必要です。

確定申告書に証明書を添付し、所轄の税務署へ確定申告書をご提出ください。
 

個人の寄付金控除の説明図

 

法人の寄付金控除

法人税法第37条の定めにより税法上の優遇措置の対象となります。

寄付金は、その寄付金の合計額と寄付金の損金算入限度額のいずれか少ない金額が損金に算入されます。

損金算入限度額=(資本金等の金額×0.375%+所得金額×6.25%)÷2

<ご参考>国税庁HP No.1150
一定の寄附金を支払ったとき
(寄附金控除)  リンク

2024/02/23 熊本県
世界のくまもとの水とみどりのために頑張ってください。
2024/02/15 熊本県
私達の子や孫、そしてまだ見ぬひ孫世代に豊かな水や緑をつないでいきたいですね。
2024/01/25 熊本県
熊本の宝を未来へ!
2024/01/24 熊本県
水資源を後世に残すためにお役立て下さい。
2024/01/21 佐賀県
大学が熊本で、最近は仕事でも熊本に行くようになりました。 大好きなエリアなので応援してます。
2024/01/18 熊本県
ぜひ応援させてください。
2024/01/16 熊本県
熊本の大切な水資源守る活動を応援しております。
2024/01/14 熊本県
豊かな水資源を守っていくために応援します!
2024/01/06 熊本県
熊本の水は誇りです。熊本の水をみんなの力で守りましょう❤️
2024/01/06 熊本県
熊本の水を守る為の大切なプロジェクト を応援しています!
2024/01/01 熊本県
未来の地下水をみんなで守りましょう!
2023/12/28 熊本県
阿蘇の大地を守ってください。
2023/12/28 熊本県
応援しています。
2023/12/27 熊本県
少額で申し訳ないんですが、いつも応援しています。
2023/12/26
水源涵養林の趣旨に賛同します
2023/12/23 熊本県
サステナブルな自然環境をお手伝いします♪
2023/12/18 熊本県
阿蘇の木や水を守ってください
2023/12/17 熊本県
水とみどりの環境保全活動をひろげてください。未来の熊本につながる活動を期待しています。
2023/12/16 熊本県
将来の熊本のために喜んでサポートします。
2023/12/15 熊本県
大切な熊本の水資源を守りましょう。
2023/12/13
先見者の発想及び現関係者のご尽力に敬服。水こそ我が命♪少額にて羞愧
2023/12/13 兵庫県
学校で阿蘇の自然体系維持の取り組みや熱意を学んだ記憶があります。地球存続を願い、事業を応援します。
2023/12/12 熊本県
頑張ってください。 応援しています。
2023/12/12 熊本県
共に頑張りましょう
2023/12/12 東京都
大型工場が誘致される中、熊本の水を守る活動はとても大事だと思います。
2023/12/12 神奈川県
水は命の源です。水源涵養林の拡大を応援します。
2023/12/10 熊本県
美しい自然と共存し、豊かな水源を保護する取り組みに賛同します。皆で力を合わせましょう。
2023/12/09 熊本県
次の世代へ少しでも多く豊かな環境を残せたらと思います。
2023/12/08 熊本県
活動を応援しております。
2023/12/08 熊本県
応援しています
2023/12/08 熊本県
地下水保全活動の輪が広がっていくことを願っています‼️
リターンを見る